6/20山内夢づくり部会“地域内経済活性化事業”

 おむすびの会と同じく地元食材を活かした持続可能な地域内循環と活動団体相互の相乗効果の向上を目指し活動されている団体の1つである“たんぽぽの会”。

 メンバーは、60歳代の女性5人のグループですが、以前は、地場産の素材を活かした特産品開発に取り組んでいました。
 令和元年度からは、コミュニティビジネスを視野に入れ、山内ならではの特産品を考案しながら、知名度アップにむけ積極的な活動をされています。

 今月の6月20日(日)、季節にあった和菓子の販売をされましたので紹介をします。

水無月(3個)・抹茶ういろう(2個)がセット⇒1パック300円。
数 量: 限定50パックの予約販売
時 間: 10時30分~11時30分
販売会場: 山内公民館に併設されている六(りく)友館(ゆうかん) 玄関先

皆さんマスク着用で一定の間隔を保ちながらの販売となりました。

6/15おむすびの会高齢者宅配弁当

山内夢づくり部会“地域内経済活性化事業”
おむすびの会高齢者宅配弁当

 6月15日火曜日に、山内の高齢者の皆さんが心待ちにされている
おばちゃん弁当の販売をされました。
今回のメニューは、肉じゃが・鶏むね肉と豆腐のナゲット・彩り酢の物・あずき寒天 など

※数量限定40食のところ、好評につき5食増しの45食となりました。

おむすびの会宅配お弁当

おむすびの会高齢者宅配弁当について

 山内自治振興会の山内夢づくり部会「地域内経済活性化事業」では、地元食材を活かした持続可能な地域内循環と活動団体相互の相乗効果の向上を目指し、現在3つのグループが積極的な活動を展開されています。

 今回は、元気な女性10名(高齢者)が、山内地域の後期高齢者等を対象に「高齢者宅配弁当」の取り組みをされているので、愛情❤栄養満点の“おむすびの会 おばちゃん弁当”づくりを紹介をします。数量限定40食を基本に、ワンコイン500円で自宅まで配達されています。
 ※詳しい内容や画像は、下記のPDFファイルでご確認ください

⇒PDFファイルへ